アントシアニンの効果と適切な摂取量の目安とは

めなりはAmazonよりも公式サイトのほうがお得にお試しができます。
定期縛りもないので安心です。

 

公式

Amazon

楽天

初回価格

907円

3,190円

3,540円

2回目以降

2,980円

3,190円

3,540円

送料

無料

無料

無料

特典

30日返金保証

なし

なし

めなり公式サイト

アントシアニンは本当に目にいいの?

アントシアニンといえば、ブルーベリーに多く含まれている目にいい栄養素!というイメージがあると思います。
実は、ブルーベリーの他にも赤ワインや紫キャベツにも多く含まれているって知っていましたか?
特にビルベリーという品種のブルーベリーではアントシアニンの含有量が格段に多く、ブルーベリーサプリよりもビルベリーサプリの人気がものすごいことになっています。

 

そんなアントシアニンですが、目にいい!とはいうものの、具体的にどんな効果が含まれているのか、最適な摂取量はどれくらいなのか。詳しくは知らない方が多いのではないでしょうか。
ということで、アントシアニンの効果・理想的な摂取量についてお伝えしていきます。

 

 

アントシアニンの効果とは

 

アントシアニンの効果として馴染みがあるのは、やはり目の健康についてでしょう。眼の網膜でキャッチした光の信号を脳の視神経に伝えるには、ロドプシンという物質が分解と再合成を繰り返して信号を脳に届けるのですが、アントシアニンには、ロドプシンの再合成を促進する作用があります。そのため、眼精疲労の予防や改善効果、視力の維持などに効果があるとされます。

 

アントシアニンといえば目にいいというイメージが大きすぎて、その他の効果は意外と忘れられがちなのですが他にも、強力な抗酸化作用によって活性酸素の抑制が期待できるので老化防止などの美容にも、効果を発揮します。

 

摂取量の目安

 

眼精疲労の改善が目的の場合、アントシアニンの摂取量は40mg以上が望ましいとされます。この必要量を摂取したい時、生のブルーベリーで60gから300gが必要です。両手いっぱいの量に相当します。
ただ、自然の植物ですから季節や天候によって含有量は変動することが考えられます。生活の知恵としてジャムなどに加工して保存し、摂取することもできますが、安定して取り入れるにはサプリメントを利用するのも手軽でおすすめです。

 

 

 

目を酷使する環境が、当たり前となっている現代の生活の中で、目の健康を守り続けるのは至難の技と言っても過言ではありません。

 

自然の恵みから取り入れるアントシアニンで、眼精疲労を防ぎ、目の若さを維持しましょう!

 

イメージ