ルテインってどうなの?効果や効能を解説!

めなりはAmazonよりも公式サイトのほうがお得にお試しができます。
定期縛りもないので安心です。

 

公式

Amazon

楽天

初回価格

907円

3,190円

3,540円

2回目以降

2,980円

3,190円

3,540円

送料

無料

無料

無料

特典

30日返金保証

なし

なし

めなり公式サイト

最近ルテインってよく聞くけど本当のところどうなの?

ルテインという健康成分の名前を耳にするようになりました。
どんな成分なのか、知っているようでよくわかっていないのでは?
ということで、ちょっと調べてみます。

 

ルテインは目に良い?

ルテインというのは、カロテノイドという色素の一つです。カロテノイドは、人参やフラミンゴのオレンジ色として知られています。
このルテインのオレンジ色、目の老化に効く成分として注目されています。
というのもルテインは抗酸化作用がとても高いので、活性酸素の影響を受けやすい目の健康を守ってくれるのです。
目は、紫外線の影響を真っ先に受けるのでサングラスをしましょう、というのもその一つなんですね。ルテインは、光を遮る力があり、その上青い光を吸収する働きがあるので、サングラスの代わりにもなってくれます。
目の老化を考える時に上げられる症状に、白内障、緑内障、黄斑変性症、飛蚊症などがあります。
加齢黄斑変性の原因は、
① ルテインの摂取が足りない食事
② 太陽光線
③ 老化
④ 喫煙による活性酸素の増加
で、黄斑変性症の人は、黄斑部のルテイン量がとても少ないことがっわかっています。
アメリカでは、失明の原因のトップに黄斑変性症が挙げられているそうです。
ルテインは、眼の水晶体にもあり緑内障や白内障の発症軽減にもルテインが関係していると見られています。

 

ルテインのおすすめの摂取の仕方は?

ルテインが不足すると、眼の病気になりやすいことがわかりました。
できれば、食事でルテインを補いたいですよね。
緑黄色野菜の中に、このルテインを多く含む野菜があります。
トップに挙げられるのは、パセリです。100g中10,01mgのルテインが含まれています。飾りとして馴染み深いパセリですが、おひたしにするなど、いつもより多めにとるようにしたいですね。
他にも青汁で有名なケール、緑黄色野菜の代表格のホウレンソウ、人参、ブロッコリー、キャベツ、カボチャ、グリーンピースなどです。
ルテインは、油に溶けやすい性質なので、ホウレンソウをベーコンと炒める、人参をバターで煮るなどは理にかなったメニューといえます。
ルテインは、加熱にも強いので栄養を損なうことはありません。

 

ルテインの適切な摂取量

ルテインの1日の摂取量は、6〜10mgが望ましいとされます。
食品でとろうとするとホウレンソウでは約4株、人参で13本となります。
毎日、これだけの量の野菜を食べるのはかなり厳しいのではないでしょうか。
そこで登場するのは、ルテインのサプリメントです。食事量に合わせて、不足分を補うようにすると無駄がなくて良いでしょう。
スマホやパソコンなど、太陽光線だけでなく目を酷使する環境にありますから、少し多めが安心かもしれません。
1日あたり35mgの天然ルテインを一週間摂り続けても、問題はないとの報告もあります。
毎日の食事とサプリメントでルテイン不足にならないように、心がけましょう。

 

イメージ