夜の視力が下がる原因と予防法とは?

めなりはAmazonよりも公式サイトのほうがお得にお試しができます。
定期縛りもないので安心です。

 

公式

Amazon

楽天

初回価格

907円

3,190円

3,540円

2回目以降

2,980円

3,190円

3,540円

送料

無料

無料

無料

特典

30日返金保証

なし

なし

めなり公式サイト

夜に視力が悪くなるのはどうして?

「夕方、暗くなるとものが見えずらくて…」という経験がある人、いませんか?
夕方薄暗くなってくる時間帯、いわゆる「薄暮時」は車の運転で考えても事故が多い、危険な時間帯。この時間帯に視力の低下が起こるのは非常に危険です。
「鳥は夜目が効かない」ことに由来する「鳥目」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?「歳のせいかな?」とあきらめてしまっている人も多いと思います。

 

ズバリ!めなりは夜の視力低下に効くの?

薬ではないので夜の視力低下(夜盲症)を「治す」ことはできませんが、症状を「軽減」できたりすることがあります。また、まだ夜盲症になっていない場合「予防」にはなりえます。

 

実際に口コミでも、夜盲症が軽くなったというのがあります。

 

夜盲症を軽減したり、予防したりするには目の老化を防止しなければなりません。めなりには目の老化防止に効果的だといわれている成分が含まれているので、「軽減」や「予防」にはなると考えられます。

めなり

 

 

夜になると視力が下がるのは夜盲症

夕方から夜にかけて、暗くなるにつれて視力が低下するという症状には、いくつかあります。
ひとつは「夜盲症」。これが昔から「鳥目」と言われている症状です。夜盲症には遺伝によると思われる「先天性」のものと「後天性」のものがあります。
網膜には錐体細胞と言われる“明るいところで働く”細胞と、杆体(かんたい)細胞という“暗いところで働く”細胞があります。夜盲症の症状は杆体細胞への切り替えを行う「ロドプシン」という物質が不足して暗さに順応することができないことが原因です。「ロドプシン」は体内で作り出されるときにビタミンAを必要とします。ビタミンAが不足すると夜盲症になるのはこのためです。
もうひとつは「夕方老眼」や「夕方近視」と呼ばれる症状。こちらは目の酷使による眼精疲労が主な原因です。目は遠くのものや近くのものにピントを合わせるため、レンズにあたる水晶体を伸縮させます。この伸び縮みの機能は「毛様体筋」という筋肉が受け持っています。目の疲れがたまると、この毛様体筋の調節機能がうまく働かず、暗さに対応できなくなるのです。最近はスマホなどの使用により比較的若い世代でもこの症状が現れるようです。

 

夜盲症の予防と対策

「夕方老眼(近視)」の主な原因は「目の疲れ」。これを防ぐには目の「ケア」が有効です。目を休める、目の周囲の筋肉のストレッチをする、ドライアイを防ぐ、目を温めるなど…、普段から目をケアすると同時に、パソコンやスマホを長時間使わないなどです。
しかし、現代では仕事や日常生活でパソコン・スマホを使わないというのはほぼ不可能です。
だとすると、もう一つの方法として、食生活で目に良いとされる栄養分を積極的に取り入れて、眼精疲労に対抗する方法があります。
さらに、「夜盲症」の場合はビタミンAの不足が原因ですから、食事やサプリでビタミンAをとることでロドプシンの再合成が促され、症状が改善します。

 

夜盲症に有効な成分

アントシアニン

目に良い食べ物の代表選手として有名なブルーベリー。このブルーベリーに含まれる成分の代表がアントシアニンです。眼精疲労などに効果がある上に、ロドプシンの再合成を助ける働きをします。抗酸化作用が高く、目の老化を抑える働きも期待できますので、ぜひ積極的に取ってほしい成分です。

 

ビタミンA

ビタミンAの不足がロドプシンの欠乏につながります。サプリで補いましょう。ただし、ビタミンAはビタミンCなどと異なり、体内から排出されにくく蓄積され、過剰症をおこす場合があります。サプリを活用する場合にはちょっと注意が必要です。

 

ルテイン

「ルテイン」は目の老化(酸化)を防ぎ、眼精疲労に良いとされます。
「ビタミンB(群)」も目からの信号を脳に届ける働きを助けますから、眼精疲労を抑制する働きをします。

イメージ